ドミニケドミニク、星のおうち。
占星術のblogです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2016年5月25日水曜日

Zephyr大阪鑑定会総括

今年もサポートメンバーとして、お手伝いさせていただきました。
Zephyr先生の大阪鑑定会に来て下さった、たくさんのお客さま、どうもありがとうございました。
当日参加の方もいらっしゃり、蓋をあけてみれば、予想以上の忙しい二日間となり、感謝でいっぱいです。リピーターのお客さまのお顔を久々に拝見するのも、楽しみのひとつです。


特にこういった機会に、人の運勢を総括するとき、「ちゃんと収まるようになってますよ。」とか、「大丈夫なようになってますよ」などと丸っと締めくくられると、個人的にはちょっと頭にきます(^_^;)
(とはいっても、自分だって鑑定させていただいたときには、そういったりもするんですが。)
でも、ごめんなさい。それじゃ、何か納得できないものです。当事者としては、にっちもさっちも、真剣に悩んでいるんですもの。



人は日々、やっぱり何かのフラストレーション、心配ごと、叶わない欠乏感など、なんらかの心の空きっ腹を抱えて生きているものです。
もしくは、人によっては、目指すものがあって、それを開く鍵を求めてたり。それも一種の欠乏です。



ところで。
少し前のわたしは、もう、見捨てられ感でいっぱいでした。
そういう時、人は何をもって、「わたしは見捨てられてる」って判断するのでしょうか。
それは多分、他のまわりの人たちと比べて、だと思うのです。



今回は特に、オプションの書記サービスを通じて、たくさんの方のお悩みを一挙にお聞きする立場にあったので今は余計に感じるのですが、人の歩む人生は、本当に千差万別です。みーんな、全く違います。
だから、比べることは、あまり意味のないことなのです。

イベントが起こる時期も、何が起こって起こらなくっても、ぜんぶ千差万別。




人間の思い、つまり意識には、表の薄皮で今生きる自分が意識できている顕在(けんざい)意識と、心の奥底に潜んでいて普段はまるで分からないけれど、厚みがあってメインの心や思いである潜在(せんざい)意識があります。
隠れた潜在意識は、自分が起こることを望んだ大事なイベントを人生の随所に仕込んでいます。

それが発動するために、起こる必要がないと判断したイベントだって当然あります。


表に出ていて意識できる顕在意識にはそんなこと分かりませんから、周りを見回して自分が遅れてるとか持っていないなどと思ってしまうと、とっても焦ってしまうのです。

深い深いところに潜んでいる本当の自分は、自ら望んだイベントを発動させるべく、着々と歩いているのに、世の常識に振り回されやすい顕在意識がそれをじゃまする。
そういったたぐいの望みは、やはり叶いにくい。




人生は複雑で難解ですから、時にホロスコープを読み解いて、現在の立ち位置、状況、今の自分には見えない、心の奥底に隠された人生の意味や計画を少し覗き見ることは、心を楽にして明日のパワーを得たり、膠着した難しい状態を打開するヒントになる有用なものです。


現実問題、目の前の選択肢をいつも間違えて、人生をとんでもなくこじらせてしまう人だっているのですから、本当に「ちゃんと収まる」べく、着実に歩いているかを時どき確認することも、すごく有益ですよね。




1時間や2時間のコンサルテーションで、人生の全てが読み解けるわけではありません。
しかし、奥義の星読みツールで、ちょこっと秘密の人生設計図を覗いて、明日のヒントを得て帰って行かれるお客さまたちの元気な姿に、いつも、こちらも勇気をいただけます。
そもそも、全部読み切るなんてことはできませんが、みなさん、全部読んでもらうことなんて望んでません。
自分で攻略する楽しさを、どこか知っているから、そしてRPGでいうなら、攻略することで魂のゲージを増やすことこそ今世を生きる大きな目的なのですから、鑑定で得た新しいアイテムや新しい魔法、武器、地図などを手に、意気揚々と帰って行かれる先に、明日からの新しい冒険が待っているのですね(^-^)


ではまた、お会いする機会を楽しみにしております。



オプションサービスをお申込みの皆様、現在誠意作業中です。
しばらくお待ちくださいませ。


毎回お茶菓子を楽しみにしているとおっしゃって下さるみなさま、本当にありがとうございます。
結構一生懸命考えて企画しますので、励みになります(≧∇≦)
今回は、2種のマカロン、バニラとショコラでした。


0 件のコメント:

コメントを投稿