ドミニケドミニク、星のおうち。
占星術のblogです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2016年4月13日水曜日

土星・冥王星ソフトアスペクトへの思い(2)

Aはお鼻よりおめめの方が大きくて、そんなビジュアルに いつもキュンキュンしてた。
やさしい目は、いつもわたしを追っていて
やっぱりいつも、キュンキュンしてたんだ。

雨の日の谷間は、空気が清らかで

気持ちがいい庭木たちは一斉に伸びをしていて
いつもより多めに吐き出す酸素とマイナスイオンが、安らぎをくれる。


こんな日の植物たちはいつも、魔法のような成長を遂げ

一日後のあまりの変わりように、明日のわたしはおどろいているだろう。


ラズベリー グレンアンプル、ラズベリー マリージェーン、
ブラックベリーにワイルドベリー
隙間からのぞく白いミヤコワスレ、黒葉のミツバ

 
ブルネラ ジャックフロストの小さな花は、息をのむような特別の青色を持っていて、
写真ではとても表現できないようなその青を見ていると、


あと何日間楽しめるのだろうかと・・・・・
そのはかなさに、もののあわれを思う。




......................................................................................................

土星と冥王星がソフトアスペクトをつくっていて、3年ほど存在している。


土星は土いじりの意味もカバーしていて、わたしの場合にガーデニング。
冥王星、隅から隅まで底の底から徹底的にひっくり返して耕して
施肥して徹底的に土壌改良しました。

Aがお庭や植物が大好きで、
「死んだあともう一度戻ってくる」と普段から約束していた彼女が喜ぶようにと
必死の思いで作業しました。
普段ならできないぐらい徹底的に


土をさわり、土にまみれること、先の長い作業に没頭して体を動かすことは、
自然とわたしを生きる方向へ向けてくれました。



土星はわたしにとって、「子供ちゃん ペット」を意味する位置関係をとっていて、
それが冥王星とソフトアスペクトを取っているので、
土星が指す存在の「死、そして復活」
という意味も持つんですよね。
実際、ひたすら毎日毎日土を耕し緑を育んだ先には復活への思いが常にあり、

そして、このところ何を質問しても よく出現する審判

 質問はナイショですが、先日のカード展開です。
過去・現在・未来の最初の3枚は、世界・吊るされた人[R]・星


星のカードの主役は妊婦。
世界の女神は、子宮の中の胎児を思わせます。
その視線の先には逆の隠者。過去にお隠れになった(死んだ)者です。
カードは太陽と正義で終わっていますが、太陽は子供を意味する。

吊るされた人の逆は中途半端になっている様で、
中途半端なことの中身は、正義=法的な問題。
これを正常化させる必要がある。
実際に現在、思い当ることがあります。
このところ、なにを質問してもこのポジションで正義がでてくるので、
この問題は、深い心理的にもわたしのあらゆることにつながっているのでしょう。
わたしが思っている以上に。


この問題がすごくパワーを消費するために、
本業を思ったように進めることができないでいる。
もうそろそろ本業を…と思っても、やっぱり出てくる正義(-"-)


けれど。

まだしばらく続く土星×冥王星と、近ごろよく出てくるカードたちの意味の重なりに、
なにか温かな未来を期待せずにはいられないのです。



0 件のコメント:

コメントを投稿